top of page

Anders Helmerson Website

アンダースはスウェーデンでピアニストの両親のもとに生まれ育ちました。早くからピアニストの道を志していたアンダースですが、その道は決して平坦なものではありませんでした。ピアニストとして成功するためには、並外れた才能が必要ですが、同時に、1日に何時間も練習に励むエネルギーも必要です。10代前半、アンダースはピアニストになるべく、多くの時間を練習に費やしました。クラシック、ジャズ、コンテンポラリーロックが好きで、音楽は雑食。音楽に対する情熱や野心が高まる中で、学業が犠牲になることもありました。基礎的な音楽を学んだものの音楽高等学校には入学できず、同時期に作曲に興味を抱くようになりました。18歳で大規模なプロジェクトに着手し、3年後にファーストアルバム『End of Illusion』[RH1] を発表。このアルバムはジャズ・ロック・フュージョン、ワールド・ミュージック、プログレッシブ・ロックをミックスしたもので、ストックホルムの大手レコーディングスタジオであるデシベルにて制作されました。アンダースはキーボードを演奏し、多くのミュージシャンを迎えました。

 

しかしながら、このようなマルチジャンルのスタイルは、アカデミックな世界ではあまり評価されませんでした。音楽制作という新たなスキルを得たアンダースは、プロデューサーとしての仕事を続けていましたが、24歳のときに進路を変更し、医学部に入学。『End of Illusion』は失敗に終わり、売れませんでした。当時はアナログの時代で、音楽の売り上げが重要だったのです。そのため、大学時代は多かれ少なかれ、音楽から遠ざかっていました。

数年後、医師をしていた彼は、『End of Illusion』が特定の層の間で崇拝されるアルバムとなり、プログレッシブロックのファンから高く評価されていることを知ります。その後ミュゼアというレーベルと契約し、多額の契約金を獲得。船医として働いていた彼は、これを機に次回のアルバム制作に向けてブラジルで下船。

ブラジルのレーベル、ソム・インテリアからリリースされたセカンドアルバム『Fields of Inertia』の制作に取りかかったのは、2000年に入ってからでした。しかし、アンダースは音楽業界が変わったことに気づいていませんでした。デジタルレコーディングの技術はより速く、より簡単に使えるようになり、音楽市場はより細分化され、マネタイズできなくなっていたのです。

その後、アンダースはロンドンに定住し、作曲のインスピレーションを求めて過ごしました。マルコ・ミンネマンやブライアン・ベラーといった実力派ミュージシャンとのコラボレーションは、まるで水道の蛇口をひねったかのようにインスピレーションが溢れ出てくる経験でした。2011年、彼らと共にアルバム『Triple Ripple』をリリース。

その後、アンダースはシンセサイザーをグランドピアノに交換。

2016年には、フランス人のクリスチャン・グラサールとティエリー・コナンをそれぞれドラムとベースに迎えたアルバム『Quantum House Project』をリリース。このアルバムはピアノトリオによる初のアルバムで、その後アンダースは自身のトリオを率いてライブ活動を開始。

新型コロナウイルスが世界的に流行していた2021年に、アンダースは5枚目のアルバム『Opus I』をリリース。コロナ渦が終わるとすぐに、バークリーからスカウトした2人のミュージシャン、ドラムのホアン・メヒアとベースのシモン・ファーゲルシュテットとトリオでツアーを開始。2022年と2023年には南米で、2023年にはイギリスでもツアーを敢行。2023年10月にはリオ・モントルー・フェスティバルにも出演しました。

 

それ以来、アンダースはピアノトリオのために、独自のプログレッシブ・ジャズを用いて作曲を続けています。

bottom of page